"仕事が面白いと

久しぶりに実感。

忘れかけて大切なものを

思い返した気がする"

 

K.Yさん(2014年4月入社)


 

Q.自己紹介をお願いします。

新卒で入社したSIerで、12年間在籍しました。製造業向けシステム開発案件のプロジェクトリーダーやプリセールスなど色々担当させてもらいました。現在35歳です。

 

Q.転職のきっかけは何でしたか?

12年間同じ環境だと、さすがにマンネリ感が出てきました。でも、それ以上に、プロジェクトに企画フェーズから参画したいという想いが高まってきたことが要因です。

要求内容が決まった段階から入り込むことが多くて、指示通りに作るという役割が段々と面白くなくなってきたんです。

でも、転職すべきどうかは、正直迷いました。

 

リクルートテクノロジーズの内定をもらった後もしばらくは、

「本当にこれで良いのか」と考えていた位です。

 

Q.リクルートテクノロジーズを受けようと思った理由は何ですか?

事業会社やITコンサルティングファームなど、当初は様々な選択肢を考えました。

最終的には、サービスの当事者である事業会社に行ったらやりたいことができるのではと思ったんです。

特にリクルートテクノロジーズは数ある事業会社のなかでも、異質な存在。

事業会社として企画から携わるだけでなく、プロジェクトを推進したり、最新鋭の技術を追いかけているなど開発工程の実装や技術開発すらしています。

バランス的に、自分に合う会社なのでは思いました。

それに、私自身色々やりたかったというのもリクルートテクノロジーズを選んだ理由

でした。多様な事業に関われるチャンスがあるということは魅力的でした。

 

Q.面接を通じて、どのような点に魅力を感じましたか?

実は他社の面接も受けました。でも、リクルートテクノロジーズがダントツで面白そうな会社でした。

特にプロジェクトではベンダー任せにせず、自分たちでしっかりとリーディングしていく。

最新のIT技術にも精通している。似たような会社はないように感じました。

 

Q.入社後に感じた会社や社員の印象は?

最も驚いたのは、プロジェクトメンバーのレベルの高さです。

スキルも高いし、仕事に対するプロ意識も高い。想像を越えていました。

何しろ、お会いする方々が全員優秀なんです。加えて、パートナーも社員に引けを取らないほどの実力を持っています。私には刺激が強すぎるほどの環境だったので、最初はやっていけるか不安になったほどです(笑)。

 

「凄い」と思ったことは他にもありました。

年に数回、全従業員が一堂に会するキックオフでの話です。

ただ単に、今期の目標をスピーチする場だと思っていたら大間違い。

とにかく面白いことをやろうという人が揃っていることもあって、出し物にエンターテイメント要素が盛り沢山。「これがリクルートのノリなのか」

と痛感させられました。

 

Q.現在どんな仕事をしていますか?

リクナビのプロジェクトにメンバーとして参画しています。役割はIT企画です。

事業側とモノづくりをする開発側との中間に位置して両者を橋渡しする仕事といえます。

現在は、要件定義フェーズ。まずは議事録を作成したり、QAの管理を行いながらキャッチアップをしています。最終的にはPMとしての活躍を期待されているので、

それらと並行してリクルートテクノロジーズ流のプロジェクトリーディングを学んでいます。

 

Q.やりたいことが出来ていますか?

まだこれからだと思っています。今後やれる環境にあるのは分かっています。

今はやりたいことを実現するための準備段階。ビジネスの検討フェーズから関わっていくのは、私にとって理想的とはいえ、現状はそのレベルに達していません。

まだまだ課題が満載です。

まずは、業務とシステムの仕様をもっと理解することで、価値を発揮していきたいです。

 

Q.どんな方と一緒に働きたいと思いますか?

仕事に対して前向きで向上心のある方です。圧倒的な当事者意識を持っている人ばかりですから、人に指示されて動くという方ではとても務まりません。

 

Q.R-techを受ける方に何かメッセージをお願いします。

「若いうちに入ってきたほうがすぐに成長できる」といいたい。

少なくとも5年いたら、かなりレベルアップできる気がします。

私自身はリクルートテクノロジーズに35歳で入社しました。

今思えば、「あと3年早く入りたかった」というのが本音です。

何しろ、レベルの高い人たちと一緒に働けるので、仕事の質が高いばかりか

スピード感があります。自ずと仕事も楽しくなってくるんです。

仕事が面白いと思えるのは久しぶりですね。

前職でも若い頃はがむしゃらだったので感じたこともあったかもしれませんが、年次が上がるに連れて忘れていました。

 

Q.転職エージェントを使って良かった点は何でしたか?

エージェントが、新井さんで良かったと本当に思います。

面接対策をしてもらっていなかったら、入れなかったのではないでしょうか。

実際、新井さんから渡された、50もの質問に対する最初のアンサーはぼろぼろでした。

「これでは落ちます」と言われた位です。

「リクルートが求めているのは、問題解決型の姿勢。それを持ち合わせていることを伝えなければ通らない」と、かなり具体的なレベルまでアドバイスしてもらいました。

それから1~2カ月で良くあそこまで持っていってくれたと感謝しています。